シャンプー 洗浄成分 種類

髪を健康にする為にシャンプーの洗浄成分に種類がある事を知りましょう

シャンプーはヘアケアの最も基本となるアイテムです。

 

目的は主に洗浄なのですが正しく頭皮を洗わないと
やがて髪の成長やフケ・痒み・ヒリヒリ感などの
不快感に苛まれることになってしまいます。

 

よってシャンプーは定期的に行うのはもちろん
頭皮にプラスとなるものを選ぶ必要があります。

 

でもほとんどの方は逆にマイナスとなるものを
選んでしまっているのが現状です。

 

あなたはシャンプーを近くに売ってるから、
安いからなどの安直な基準で選んでませんか?

 

もしそうなら将来抜け毛などのトラブルで
悩む可能性が高まってしまいます…

 

 

最も多くの方が選んでると思われるのが石油系シャンプーです。

 

石油がそのまま入ってるわけではないですが
石油を原料にした合成界面活性剤が配合されてます。

 

界面活性剤は油と水を混ぜる性質があるので
それを皮脂を洗い流す洗浄成分としています。

 

最近ではラウリル(またはラウレス)硫酸ナトリウムが有名です。

 

原料が安いので市場に多く出回り
価格も安くなるメリットがありますが
洗浄力が強すぎたり肌を痛める原因になります。

 

必要分の皮脂も洗い流してしまうと
かえって多くの皮脂が分泌されてしまい
炎症や汚れによるフケ・かゆみ・臭いの原因になります。

 

また、タンパク質を分解する悪性もあるので
肌だけでなくダメージヘアも招く恐れがあります。

 

 

洗い上がりに髪がギシギシするのは
キューティクルが痛んでいる証拠なんです。

 

 

かわって石鹸系シャンプーの洗浄成分は
石けんなので安全性が高い特長があり昔から好評のタイプです。

 

しかし石けんカスが残りやすい欠点があり
頭皮の汚れとして残る可能性が高くもあります。

 

洗い上がりも石油系かそれ以上にわるく
かなりギシギシした感じになってしまいます。

 

それを解消するためクエン酸リンスなどがありますが
手間が増えるうえ頭皮に余計な油分も残しやすく
健康上そんなにいいとはいえません。

 

 

アミノ酸シャンプーは上記2タイプの欠点を
全てなくしたすばらしい効能を秘めたヘアケアグッズです。

 

洗浄成分は植物由来のものを主に使用しており
地肌や毛髪を痛める心配がなく洗い上がりも指通り滑らか、
そして洗浄力が程よいので皮脂の過剰分泌も起こりません。

 

シャンプーは種類があって選ぶのに迷うものですが
洗浄成分に注目すると数は限られてきます。

 

アミノ酸系の1つに数えられるウーマシャンプーも
ココイルと冠する植物由来の洗浄成分を主体としており
非常に人気が高いシャンプー剤です。

 

体に必須の脂肪酸も頭皮から補給できるので
ふつうのアミノ酸系シャンプーとは一味違います